レイクでもし返済が難しくなったら早めに連絡するようにしよう

あってはならないことではありますが、レイクの返済をしていて、ケガや病気などで収入が途絶えてしまい、貯金もなく親などからお金を借りるすべもないような状況になってしまった場合、話しにくいとは思いますが、なるべく早くレイクに電話をして今後の返済を相談しましょう。
レイクは消費者金融なので、返済ができなくなると厳しい取り立てがあると思われがちですが、いまどきの消費者金融は、そんな取り立てはしません。
事情を聴いたうえで、具体的な返済プランを一緒に考えてくれます。
たとえば、延滞利息は発生しますが、しばらくの間は返済金を減額してくれたり、利息分だけの返済にしてくれるなど、かなり柔軟に対応してくれます。
大事なのは、早く届出をすることです!
レイク経営者借りれる