介護予防サービスの種類知っていますか?

介護予防サービスを利用するには、どうすれば良いのでしょう!?介護保険料を納付しなければならなくなります。
(汗)その介護保険料と言うのは、介護保険制度を運営するために必要なものでもあります。
そんな介護保険制度の1つに、介護予防サービスを利用するのに要介護認定で「要支援1」「要支援2」と言う要支援認定する必要があります。
ですから、まずケアプランと言う介護予防サービス計画を作成してください。
それに沿って介護予防を行っていくことになります。
<ケアプラン作成について><介護予防サービスについて>サービスが大きく分けて6つあると言います。
「訪問系サービス」:要支援者の自宅に介護専門者が訪問してサービスをしていきます。
「通所系サービス」:要支援者が施設に通ってリハビリや介護等のサービスを受けます。
「短期入所系サービス」:要支援者が短期間施設に入所して介護サービスを受けます。
「住環境の改善サービス」:福祉用具の貸与や販売、自宅改修費の支給と言う様に住環境を改善する為のサービスとして、介護に役立つ自宅環境を整えてくれます。
「地域密着型サービス」:各地域ごとにそこに住んでいる住民だけが利用出来ます。
こうしたサービスを利用してから要介護認定されないための予防をしてくれると言うことです。
介護福祉士通信講座比較ランキングまとめ【合格するコツとは?】