デイトレードと外国為替証拠金取引の違いとは?

デイトレードとは短期間の外国為替証拠金取引の手法の1つです。
プロのディーラーたちは所属している組織のためにデイトレードで利益を上げることを求められます。
私達アマチュアの人たちはスワップトレードで長期的な取引も可能なはずです。
短期間のトレード方法にはスキャルピングという手法もあります。
スキャルピングはポンドなどの値動きの激しい通貨に適した取引方法です。
ボンドでの取引といえば、ジョージ・ソロスがとても有名です。
ヘッジファンドが固定相場制に挑戦した出来事として語り継がれています。
ソロスはよく考えたと思います。
先見の明があったとも言えます。
当時欧州では通貨統合の動きが存在していました。
ですが当時のイギリスは通貨統合への参加が難しかったのです。
そのためポンドが大幅に下落する事をソロスは見込んでいました。
イギリスの中央銀行は景気が悪いのにも関わらず、利上げをしたのですが、それが最後のあがきとなります。
その時、ソロスはポンドを売り浴びせて、多額の利益を得たのです