擦り傷を作ってしまったら?

人間誰でも怪我に気を付けて生活していたとしても、擦り傷、切り傷程度の傷を負ってしまうことは十分に考えられますよね。

むしろ、一生小さな怪我もしたことが無いという人の方が珍しいでしょう。

誰もが起こり得る擦り傷が出来てしまったときの対処法をご紹介します。

擦り傷ができてしまったらすぐに消毒をするのではなく、水道水でしっかりと傷口を洗いましょう。

擦り傷を負ったときは少なからず傷口にゴミや砂などが付着しているかと思いますので、そういったものをきれいに洗い流す必要があるのです。

痛いとは思いますが、しっかりと洗い流すことが早く傷を治す秘訣です。

次に消毒・・・と思われがちですが、消毒をする必要は無いのです。

むしろしないことをお勧めします。

なぜなら、消毒をすることによって確かに細菌などを殺すことは可能ですが、傷の治療を早めるために必要な白血球や細胞なども傷つけてしまうものなのです。

ですから早く傷を治すためにも消毒はせず、洗った後は傷口を乾燥させないように絆創膏などを貼ります。

もし絆創膏が無かったり、傷口が大きすぎるという場合にはサランラップでも代用できますよ。

傷口をしっかりと保護することが大切です。

ラップを貼るだけではすぐに剥がれてしまうと思いますので、できればサージカルテープなどを使用して剥がれないようにし、その上から包帯を巻けば多少動いても大丈夫ですよね。

今まで自分の対処法は間違っていた・・・という方も多いと思いますが、これからは傷を早く治すためにも、こういった方法で対処してみてください。