キャッシングの申込み

キャッシングの申込みには、本人を証明する物がいくつか必要になります。

特に、無人契約機で申し込む場合、どれが欠けていてもカードを発行してもらえないため、必ず持参するようにしましょう。

まず、一番大切なものが身分証明証です。

一般的には契約者本人の運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれか1点が必要になります。

但し、住民票は対象外となっています。

これは、契約者本人以外でも取得可能であり、かつ顔写真が無いために、悪用される可能があるためです。

次に、収入証明書が必要となります。

特に、50万円を超える借入れを希望する場合、給与明細、源泉徴収票、納税証明証のコピーが必要となります。

その他には、契約書へ捺印するための印鑑が必要となります。

契約内容は非常に大切であり、万が一、返済できなくなった場合や問題が発生した場合に、自分自身が困ってしまう可能性があります。

捺印する前には、しっかりと読むようにしましょう。

尚、すぐに借入れを行いたい場合や、自分の銀行口座へ入金してもらいたい場合は、口座番号を準備しておく必要があります。

普段使用している口座番号でも問題ありませんが、金融事故や犯罪対策に備えて、キャッシング用の口座を開設しておくと便利です。

もし、無人契約機以外で申し込む場合、身分証明書や収入証明書のコピーは、申込み会社へFAXか郵送で送りましょう。

その際、送付先の情報に誤りがあると、正しく情報が伝わらないだけなく、自分の個人情報が対外へ漏れてしまうため、細心の注意を払いましょう。